2月 102017
 

4.1系の最新版の4.1.5がリリースされました。 [changelog] [公式のリリース文]

公式でも触れられてる通りほぼバグフィックス(あとドキュメント周り)なのですが、1点パフォーマンスに影響する修正があります。
個人的に重要かなと思うのは#2106の修正です

バグ修正

workspaceが溢れた場合にpanicしていたのを修正 #1834

Basic認証でAuthorizationのフォーマットがおかしい場合varnishncsaでデコードできない問題の修正 #2148

VCLでバックエンドの比較が動いていなかったのを修正 #2168

VSMの使用状況のカウンタ(vsm_free)がおかしかったのを修正 #2188

ESIのincludeでパスが存在しない場合にpanicしたのを修正 #2197
「http://foo/」の場合は問題なかったのですが「http://foo」の場合は今までpanicしていました
その修正になります。

INT/REAL型において「-」をパースできなかったのを修正 #2167
要は-10とかを扱えるようになりました。

beresp.backend.ipが本来使用できないbackend_errorで呼び出すとpanicしたのを修正 #1865
backend_responseでのみ利用できるように修正されました

CNT_Requestでパニックしていのを修正 #2106

仕様変更

バックエンドへの接続にNagleアルゴリズムを使っていたのをやめました #2134
クライアントとの通信はもともとTCP_NODELAYだったのですがバックエンドとの通信はTCP_NODELAYを指定していませんでした。
キャッシュが出来ないオブジェクト(pass)の場合だと多少効いてくるのではと考えています。

改善

devicedetect.vclをアップデートしました(bot情報)


 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)