10月 182014
 

varnish3.0.6がリリースされました。
現在計画されている3.0.x系の最終リリースになります。

Changes
ダウンロード

今回のリリースはほぼドキュメント修正とバグフィックスですがpanic起こすバグ修正もありますのでバージョンアップをおすすめします。


バグフィックス

http_max_hdrが4の倍数でない場合にクラッシュして起動しないバグを修正しました(#1327)
親プロセスは起動しますが子プロセスがpanicを起こして上がってきません。

ESI利用時にReqEndのタイムスタンプがマイナスになるのを修正しました(#1297)
コードを見てる感じだと本来親リクエストでのみ初期化すべきタイムスタンプを
小リクエストを処理している際にも初期化してしまって演算時にマイナスになるようです。
動作上の実害はありませんが、詳しくログを眺めてる人にとっては気になるかもしれません。

特定条件でbanの回収が正常に出来ないケースを修正しました(#1470)
Busy状態のオブジェクトに対してban lurkerスレッドが動作しようとする場合は処理をスキップしますが
フラグの立て方がまずく、再実行時にマッチされないのを修正しました。

同梱されているjemallocがsegfaultを起こすのを修正しました(#1448)

バックエンド名のprefixがif/include/elseで始まる際にVCLのエラーになるのを修正しました(#1439)
地味に嬉しいです。

オリジンのレスポンスでgzipデータ終了後にごみデータが続くとスレッドがスピンするのを修正しました(#1086)

varnishtest実行時にバッファ不足でassertが出るのを改善しました
varnishtestのログのバッファサイズは256KB持っているのですが
出力されるログが多すぎると以下の様なエラーがでるので512KBまで拡張しました。


Assert error in vtc_log_emit(), vtc_log.c line 122:
  Condition(vtclog_left > l) not true.

ヘビーにvarnishtestを使う人(私とか)にとっては嬉しい変更です。


その他変更

varnishncsaの%Dが整数に切り捨てられます
4.0での変更と同様です。
マイクロ秒単位なので特に影響ないと思います。


6月 262014
 

Varnish4.0.1が公開されました。
ついでに公式サイトもデザインが新しくなって見やすくなりました。

バージョンアップ自体は主にBugfixで、4.0.0がリリースされて報告されていたバグが基本的に修正されています。
幾つか重要度の高いbugfixがあるので4.0.0を入れた人は適用するのをおすすめします。
(僕が報告してたスレッドが開放されないなどのバグも修正されてました)

また、今回も機能変更と追加がかなりされています。
動作に関わるところをについて抜粋して紹介します。

公式Changes
ダウンロード

機能変更

Persistent storageがdeprecatedになりました

ML見てたら不穏な動きが出てたのでどうなるかなーとおもってたんですがさっくり廃止予定になりました。
4.0.0になって多少使いやすくなったとおもったんですがパフォーマンスを維持しつつ整合性を確保するのがきつかったみたいです。
今後利用する際は-s deprecated_persistentと指定する必要があります。
また、やり取りでの想像ですが次のリリースで消すということはなさそうな気がします。
コード修正が必要になった段階で切り離すんじゃないかなと


vmod_std機能追加

クエリソート機能が追加されました(querysort)

vimeoのboltsortが取り込まれました。


sub vcl_recv{
  //in:/?a=1&c=3&b=2
  //  :/?b=2&c=3&a=1
  //out:/?a=1&b=2&c=3
  set req.url = std.querysort(req.url);
}

クエリをお手軽に正規化することが可能になりキャッシュ効率がよくなることが期待できます。
一つ注意事項があるとすればキー数は32に制限されていることです。
ただ、最新コード上はその制限が解除されており(というかリリース日当日に解除されてる)
次のリリースには取り込まれると思います。
32以上のキー数を扱う可能性がある場合はとりあえずこのComitを適用すればよいと思います

変換系のメソッドが追加されました

文字列->浮動小数(real)


//std.real([文字列], [パース失敗時のfallback値])
//out:
//-   VCL_Log        12.990
//-   VCL_Log        0.000
std.log(""+std.real("12.99",0.0));
std.log(""+std.real("hoge",0.0));


浮動小数->時間(real2time)


//std.real2time([浮動小数])
//out:
//-   VCL_Log        Wed, 25 Jun 2014 15:26:40 GMT
//-   VCL_Log        Wed, 25 Jun 2014 15:26:40 GMT
std.log(""+std.real2time(1403707478));
std.log(""+std.real2time(1403707478.999));

※若干例が悪いかも

時間->整数(time2integer)


//std.time2integer([時間])
//out:
//-   VCL_Log        1403707709
//-   VCL_Log        1403707769
std.log(""+std.time2integer(now));
std.log(""+std.time2integer(now + 1m));

時間->浮動小数(time2real)


//std.time2real([時間])
//out:
//-   VCL_Log        1403707750.479
//-   VCL_Log        1403707750.489
std.log(""+std.time2real(now));
std.log(""+std.time2real(now + 10ms));


VCL変更

日付の指定に年(y)を指定できるようになりました

365d = 1yです


その他変更

varnishncsaの%Dが整数に切り捨てられます

マイクロ秒単位なので特に影響ないと思います

varnishncsaで新しいフォーマットが追加されました

%I(全受信バイト数)と%O(全送信バイト数)が追加されました。
個人的に結構嬉しいです。

passがtransfer-encoding: chunkedに対応しました

今までreturn(pipe)じゃないとダメでした(builtin.vclでpipeしてた)


あとアップデートかけた時にVarnishのrestart走ります。(前まで無かったような気が・・・)
以下の組み合わせの場合は即死しますので注意してください
 ・persistentを利用している
 ・パッケージの自動アップデートが有効になっている
このケースの場合以下のコンボが成立します
 1) パッケージの自動アップデートがかかる
 2) 4.0.1でrestartがかかる
 3) persistentの名前を置き換える必要があるので起動しない
 4) ( ˘ω˘)

また、まだ告知はされていませんが3.0.6RC1が上がっているので近いうちに3系のアップデートも来るかもしれないです。
あと週末にでも別記事で4.1といった今後のリリーススケジュールについて書きます!


4月 112014
 

3.0.0の公開から約3年ぶりにメジャーバージョンが上がりました。(公式サイト)
今回も非常に多岐に渡る変更があるのですが、前回とはまた少し毛色が違います。
大きな変更点について見て行きましょう。

ストリームのフルサポート

3.0の時もストリームはサポートしていたのですが、4.0になってより強化されました。

初回コネクション 同時接続してきたコネクション
3.0 ストリームされる 初回コネクションが完了するまでロックされ、その後一気に転送
4.0 ストリームされる 既に初回コネクションでストリーム済みのデータを一気に転送してその後ストリーム

イマイチイメージが掴みづらいかもと思ったのでgifアニメを作ってみました。
やってる内容は、1秒ごとにaを出力するphpに対して開始時間を数秒ずらして3並列で取得していっています。
初回のアクセスが終わった後は何回かアクセスしてみてキャッシュされていることを確認しています。

window配置

初回のクライアント 3秒遅れのクライアント 5秒遅れのクライアント
apacheログ
varnishncsa

検証コード
■slow.php


<?php
header('Cache-Control: max-age=20');
ob_end_flush();
ob_start('mb_output_handler');
for($i=0;$i<10;$i++){
        echo "a\n";
        ob_flush();
        flush();
        sleep(1);
}

■vcl@3.0.5


sub vcl_fetch{
  set beresp.do_stream = true;
  set beresp.ttl   = 1w;
}

■vcl@4.0.0


sub vcl_backend_response{
  set beresp.do_stream = true;
  set beresp.ttl = 1w;
}

ストリームの様子のgif
3.0.5
varnish3-stream


4.0.0
varnish4-stream


3.0.5は最初のアクセス以外はブロックされていますが4.0.0はブロックされていない上に既に転送されているものは最初に一気に転送されているのがわかります。
比較的大きなコンテンツを配信する場合は非常に有用な機能といえます。

オブジェクトがexpireした際にgrace期間が残っている場合は、古いオブジェクトを返しつつバックグラウンドでオブジェクトを更新します

オブジェクトがexpireした時の動作も強化されました。

初回expire後のコネクション 同時接続してきたコネクション フェッチ終了後
3.0 fetchを行い新オブジェクトを転送する、fetchの間は通常どおり待機させられる 古いオブジェクトを転送 新オブジェクトを転送
4.0 バックグラウンドでfetchを行い、自コネクションは古いオブジェクトを転送 古いオブジェクトを転送 新オブジェクトを転送

今回もgifを撮ってみました。
取得に3秒かかるコードでTTLは10秒です。expire時の動きを見てみてください。

検証コード
■date.php


<?php
header('Cache-Control: max-age=20');
echo date("Y/m/d H:i:s")."\n";
sleep(3);

■vcl@3.0.5


sub vcl_fetch{
  set beresp.do_stream = true;
  set beresp.ttl   = 10s;
  set beresp.grace = 10m;
}

■vcl@4.0.0


sub vcl_backend_response{
  set beresp.do_stream = true;
  set beresp.ttl   = 10s;
  set beresp.grace = 10m;
}

grace動作
3.0.5
varnish3-bgfetch


4.0.0
varnish4-bgfetch


3.0ではexpire時にsleepが効いているのが分かります。
4.0ではそれがありません。

varnishlogをグルーピング出力したりqueryで絞り込むことが可能に

これは非常に大きな機能なので別記事で取り上げますが
簡単に言うとリクエストがどのESIにサブリクエストを使っているかなどがグルーピングできたり
携帯端末で1秒以上レスポンスにかかったログの抽出が出来たりします。

directorがvmodになりました

これも別記事で取り上げます。
独自のdirectorが作りやすくなったのと他にも利点があります。

vmodがrequest bodyを見ることが可能になりました

今までも超トリッキーな事をすれば見ることは可能だったのですが正式にサポートされました。
POSTリクエストの中身を見て何かしらの処理を行うようなvmodを作るのが簡単になります。

インラインCがデフォルト無効になりました

これは廃止されるというわけではなくセキュリティ対策としてデフォルト無効になっているだけです。
vcc_allow_inline_cというパラメータで復活可能です。

VCLが大幅に変わった

恒例行事です。別記事で書きます。
公式のアップグレード方法は以下です
Upgrading to Varnish 4

varnishapi周りが刷新

当然ですが3.0向けのvmodは移行が必要です。

バグ修正多数

今までバグ修正はされていたもののリリースには含まれていなかった様々なバグ修正が今回のタイミングで取り込まれています。
たとえば
syntheticでASCIIコード以外を出力しようとした場合に文字化けするバグ修正が取り込まれていたり
vclをdiscardしてもヘルスチェックが止まらないバグなどが直っています

varnishstatの表示改善

これは実際に触ってみたほうが早いですが、カウンタの説明が出るようになっています。

パラメータの変更

これも別途記事で書きます。

まとめ

他にも取り上げては居ませんがかなりの変更点があります。

さて、ここまでわざとぼかして書いていたのですが
今回の一番大きな変更はクライアントとバックエンドのスレッドを分離したことです。
これにより、ストリームやgrace時の動作改善などが可能となりました。
また現versionでは残念ながら実装されていませんが、パラレルフェッチESIも可能となるはずです。(予定には入っているようです)
また、これはコード上の話ですが3.0まではHTTPを処理する箇所がvarnishのコードと結構くっついていたのですが
4.0では分離されており拡張が容易な構造にリファクタリングされています。
これはHTTP2.0を見据えた変更です。
最初に2.1から3.0の変更とは毛色が違うといったのは、構造を大幅にリファクタリングしたということです。

また、検証をしている段階では比較的安定しており、最近趣味で手伝っているPVもそれなりに多いサイトに週末にでも投入して動作検証も行う予定です。
その結果も記事などにできればなぁと考えています。

あと今回もリリースパーティーやるみたいなので
誰かやらないかなとチラチラと・・・


12月 032013
 

Varnish3.0.5が公開されました。
今回はBugfixですが
varnishlogの-mオプションで動きが変わったため一瞬戸惑うかもしれません。

修正された項目は以下になります。

varnishd

■ESIのパースに失敗した場合に標準出力にメッセージを出していたのをやめました
(Stop printing to stdout on ESI parse warnings)

デバッグの時の消し忘れっぽいですね。

■syntheticの最初のパートでNULLを指定した場合segfaultで落ちるのを修正しました
(#1287)

vcl_error内でstd.filereadを使ってNULLが帰ってきた場合や存在しないヘッダを指定したときなどに出ると思いますが
普通はしないと思います。

■streamを利用した際にContent-Lengthが重複してクライアントに送信されるのを修正しました
(#1272)

重要なFix

■不正なRequestかつvcl_errorでrestartをしている際にクラッシュする問題を修正しました
(#1367 CVE-2013-4484)

この問題はvcl_error内で不正なリクエストをrestartした際に起こる問題です。(リクエスト内容はチケットを参照下さい)
40xや50xを起きた際にrestartを行い別バックエンドなどへのfailoverを行う場合がありますが
その際に不正なリクエストのものをrestartしてしまうとクラッシュします。
バージョンアップでも解決しますが、すぐに行えない場合は以下で回避が可能です


sub vcl_error{
  if (obj.status == 400 || obj.status == 413) {
    return(deliver);
  }
}

このVCLは必ず先頭に書いてください。(vcl_errorが複数あってもOK)
アクションが複数あっても問題ない理由は「同じVCLアクション(vcl_recvなど)を複数定義する」を参照下さい

■クライアントが接続を閉じた後にserver.ipを利用した際にクラッシュする問題を修正しました
(#1376)

varnishadm

■標準入力で渡されたコマンドを適切に扱えなかったのを修正しました
(#1314)

3.0.4(パイプでの渡しが出来ない)


echo vcl.list|varnishadm
200
-----------------------------
Varnish Cache CLI 1.0
-----------------------------
Linux,2.6.32-71.18.1.el6.x86_64,x86_64,-sfile,-smalloc,-hcritbit
varnish-3.0.4 revision 9f83e8f

Type 'help' for command list.
Type 'quit' to close CLI session.

200
active          0 boot

3.0.5(パイプで渡せる)


echo "vcl.list"|varnishadm
200
active          4 boot

一気にpurgeしたいときとか便利ですね。

varnishlog

■-mオプションで絞り込む際に-c若しくは-bを指定しない場合は両方が指定された扱いとなります
(#1071)

3.0.4(-c/-bを指定しなくてもデータが取れる)


varnishlog -m "RxHeader:Host: xcir.net"
...
   12 RxHeader     c Host: xcir.net
...


3.0.5(指定しないと取れない)


varnishlog -m "RxHeader:Host: xcir.net"
^C

varnishlog -m "RxHeader:Host: xcir.net" -c
...
   16 RxHeader     c Accept: */*
   16 RxHeader     c Host: xcir.net
...

今までリクエストヘッダにHost: exmaplnetが含んでいるものを取りたい場合は
varnishlog -m “RxHeader:Host: example.net”
だけでもとれたのですが、
きちんとクライアント<->Varnish(-c)、それともVarnish<->バックエンド(-b)の通信なのかを指定する必要があります。

次は4.0ですね。VUG8でもいろいろ出ていましたが楽しみです
—–
Varnish Cache 3.0.5


6月 192013
 

Varnish3.0.4が公開されました。
今回はほとんどBugFixですが、いくつかの機能改善があります。

公式リリースノート(3.0.4)

バグフィックス

CVE-2013-4090 特定条件でACLで想定外のマッチ・マッチ漏れが起こる
#1312
対象は3.0.3までの全てのバージョンです
引っかかる条件は以下だと思います
・CIDR形式の定義が存在(/8,/16,/24を除く)
・単一のIPアドレスを指定している
・その定義範囲が重複している
こんな感じです
VCLコード


acl foo {
  "127.0.0.2";
  "127.0.0.0"/19; //(127.0.0.1 ~ 127.0.31.254で127.0.0.2を含む)
}

Cに変換したコード(3.0.3)


static int
match_acl_named_foo(const struct sess *sp, const void *p)
{
    const unsigned char *a;
    unsigned short fam;

    a = p;
    VRT_memmove(&amp;amp;fam, a + 0, sizeof fam);
    if (fam == 2)
        a += 4;
    else if (fam == 10)
        a += 8;
    else {
        VRT_acl_log(sp, "NO_FAM foo");
        return(0);
    }

    if (fam == 2) {
     if (a[0] == 127) {
      if (a[1] == 0) {
       if (a[2] == 0) {//ここで本来マッチしなくては行けない127.0.1~127.0.31が排除される
        if (a[3] == 2) {
         VRT_acl_log(sp, "MATCH foo " "127.0.0.2");
         return (1);
        }
        VRT_acl_log(sp, "MATCH foo " "127.0.0.0" "/19" );
        return (1);
       }
      }
     }
    }
    VRT_acl_log(sp, "NO_MATCH foo");
    return (0);
}

Cに変換したコード(3.0.4)


static int
match_acl_named_foo(const struct sess *sp, const void *p)
{
        const unsigned char *a;
        unsigned short fam;

        a = p;
        VRT_memmove(&amp;amp;fam, a + 0, sizeof fam);
        if (fam == 2)
                a += 4;
        else if (fam == 10)
                a += 8;
        else {
                VRT_acl_log(sp, "NO_FAM foo");
                return(0);
        }

        if (fam == 2) {
         if (a[0] == 127) {
          if (a[1] == 0) {
           if (a[2] == 0) {
            if (a[3] == 2) {
             VRT_acl_log(sp, "MATCH foo " "127.0.0.2");
             return (1);
            }
           }
           if ((a[2] &amp;amp; 0xe0) == 0) {
            VRT_acl_log(sp, "MATCH foo " "127.0.0.0" "/19" );
            return (1);
           }
          }
         }
        }
        VRT_acl_log(sp, "NO_MATCH foo");
        return (0);
}

影響を受けるかの確認はVCLをCで出してみて
該当のACLマッチ関数(match_acl_named_[ACL名])を見たほうが良いかと思います。

ESI利用時にバックエンドが無効なgzipを送信した場合においてエラーを起こす可能性があった
#1184

バックエンド名が長いとAssertで子プロセスが落ちる
#1224

バグ修正は他にもありますが個人的に気になったのをピックアップしました

ツール改善

varnishncsaのフォーマットで%D,%Tをサポートしました
varnishadmでtabを打つと候補が出るようになりました

パフォーマンス系

TCP_NODELAYを有効にしました(NagleをOffにした)
chunkの時効いてきそうです。

その他

複数のHostヘッダを送られてきた場合はエラーとする
即切断されますのでvcl_recvは呼ばれません(壊れたセッション扱いです)


Trying 127.0.0.1...
Connected to localhost.
Escape character is '^]'.
GET /test HTTP/1.0
Host: exmple.jp
Host: exmple.jp

Connection closed by foreign host.

varnishncsaログ
★ホストヘッダ1つ
127.0.0.1 - - [18/Jun/2013:22:42:40 +0900] "GET http://exmple.jp/test HTTP/1.0" 404 287 "-" "-"
★ホストヘッダ複数
127.0.0.1 - - [18/Jun/2013:22:42:44 +0900] "GET http://exmple.jp/test HTTP/1.0"  - "-" "-"

ドキュメントが改善されました
ABI変わってるのでvmodのリコンパイルが必要

#vug7の記事書く前にこっちの記事を書くことになるとは・・・(下書きにはあるんですがね)


8月 212012
 

Varnish3.0.3が公開されました。
今回の変更は多くのバグフィックスとツール系の機能拡充とドキュメントの整備です。

公式リリースノート varnish-cache-3.0.3

バグフィックス

・ストリーミングと正規表現の評価においてクラッシュの要因となるバグを複数修正しました。
・ESIとGZIPにおいて壊れたオブジェクトを返却するケースが存在する問題を修正しました。
・ESIのremoveタグ内にHTMLのコメントがあるケースにおいて不適切な削除を行なっていたのを修正
・ban lurkerのスリープする条件の変更(回収した際は設定値・回収しなかった場合は1秒)
・多くのクラッシュの要因になるバグの修正
・その他いろいろ修正

ツール系の機能拡充

varnishstat

・json出力オプションの追加(-j)

varnishtest

・resp.bodyでレスポンスボディの評価が可能に

varnishncsa

・VCL中に”Key:Value”の形式でログを出力すると%{VCL_Log:Key}xで取得可能に


■VCL
  sub vcl_recv{
  std.log("hoge:mage");
}

[root@localhost ~]# varnishncsa -F "%h %l %u %t \"%r\" %s %b \"%{Referer}i\" \"%{User-agent}i\" \"%{VCL_Log:hoge}x\""
192.168.1.199 - - [21/Aug/2012:08:46:27 +0900] "GET http://192.168.1.199:6081/ HTTP/1.0" 200 5 "-" "Wget/1.12 (linux-gnu)" "mage"


・%{format}tの対応


[root@localhost ~]# varnishncsa -F "%h %l %u %t \"%r\" %s %b \"%{Referer}i\" \"%{User-agent}i\" \"%{%Y%m%d%H%M%S}t\""
192.168.1.199 - - [21/Aug/2012:08:51:54 +0900] "GET http://192.168.1.199:6081/ HTTP/1.0" 200 5 "-" "Wget/1.12 (linux-gnu)" "20120821085154"

・formart指定中に\tと\nの指定が可能に


[root@localhost ~]# varnishncsa -F "%h AAA\tBBB\nCCC"
192.168.1.199 AAA       BBB
CCC

cli

・backend.listが追加されました
 バックエンドの状態を確認することができます


■定義
director default random{.retries = 5;
  {.weight = 5;.backend={.host="127.0.0.1";.port="81";}}
  {.weight = 5;.backend={.host="127.0.0.1";.port="82";}}
}
■Admin
backend.list
200
Backend name                   Refs   Admin      Probe
default[0](127.0.0.1,,81)      1      healthy    Healthy (no probe)
default[1](127.0.0.1,,82)      1      healthy    Healthy (no probe)

・backend.set_healthが追加されました
 バックエンドの状態を強制的に変更できます


■定義
backend default {
  .host = "127.0.0.1";
  .port = "81";
}

■状態をsickに変更
backend.set_health default sick


■定義
director default random{.retries = 5;
  {.weight = 5;.backend={.host="127.0.0.1";.port="81";}}
  {.weight = 5;.backend={.host="127.0.0.1";.port="82";}}
}

■状態をsickに変更(一つだけ)
backend.set_health[0] sick

■状態をsickに変更(全部)
backend.set_health sick


パラメータの変更

・http_range_support (BOOL default:ON)
 rangeリクエストのサポートですがEXPERIMENTALから正式になりました。
 ただ3.0.0からデフォルトでONになっていたので、特に気にすることはないと思います。

・send_timeout (sec default:600)
 送信時のタイムアウト時間が60秒から600秒に変更されました。
 idle_send_timeoutでアイドルの設定ができるようになった影響で増えてると思います。

・diag_bitmap (bitmap default:0)
 ban-lurkerのデバッグ用の指定が増えました(0x00080000)

・redhat用のsysconfigでVARNISH_MIN_THREADSが1から50に
 デフォルト値がよくなりました

パラメータの追加

通信に関わるパラメータ

・idle_send_timeout (sec default:60)
 送信時にアイドル状態(データの送信ができなくなった)になった場合のタイムアウト時間です

内部での正規表現の呼び出しについての制限

・pcre_match_limit (1~UINT_MAX default:10000)
 呼び出し回数の制限

・pcre_match_limit_recursion (1~UINT_MAX default:10000)
 再起回数の制限

ドキュメントの整備

その他変更

EL6用RPMの用意
・DNSディレクターにおいてポートの指定がない場合はデフォルトで80を使うようになった
・libvarnishapiの変更
・ABIが変わったのでVMODのリビルドが必要
・内部関数の定義が変わってるので一部のインラインCやVMODが動かなくなる可能性アリ(HTC_Readが個人的に痛い)

多くのバグ修正を含んでいるため適用するのが良いかと思います。


8月 312011
 

Varnish Cache3.0.1が公開されました。
主にバグ修正かとおもいきや嬉しい機能追加もあります。

僕は英語が苦手で書いてる時点で変更の検証が終わってないので
勘違いしている訳があったら教えて下さい・・・

Varnish Cache releases

Continue reading »


5月 122011
 

Varnish3.0のβ1がリリースされました。
Varnish Cache 3.0 beta 1
新機能がたくさん増えてますがまずはサマリから、詳しいのはあとで

Preliminary streaming support, both on miss and on pass.

miss,pass時にストリーミングをサポートしました。
今までミスヒットなどでVarnishに返却すべきオブジェクトがない場合バックエンドからVarnishに転送が終わるまでクライアント側には何も返却してきませんでした。
いわゆるストアアンドフォワードですね
ところがストリーミングを有効にするとカットスルーのような動作を行います。
受信したらそのままクライアントに返すイメージです。
そのためOSのISOイメージのような大きいファイルがミスヒットした場合でもレイテンシが少なくレスポンスを返却できます。
beresp.do_streamを有効にすると動作します。
ただ注意事項としてストリーミング中に他のクライアントは保留されます。
おそらくは同じファイルの場合だけだと思いますがそこまで詳しく書いてないのであとで検証したいと思います。

Compression and uncompression support, including stiching together compressed ESI fragments.

ESIでGZIPに対応しました。

Plugins (vmods)

プラグイン機能が出来ました(vmods)
あとで詳しく記事にします。

Much improved documentation.

ドキュメントを大幅に改善しました。

Better default values for parameters.

デフォルトのパラメータをより良い値に調整しました。
記事書きました→VarnishCache3.0beta1で変更されたパラメータ一覧

Varnishncsa now has custom log format support.

varnishncsaがカスタムログ形式に対応しました。
やっと対応しました!
-Fで指定可能です。

Varnishlog, varnishncsa and varnishhist can now filter out records that match multiple expressions.

varnishlog,varnishncsa,varnishhist(varnishsizesも)複数の条件でフィルタできるようになりました
-m tag:regexの形で今までひとつしか指定できなかった絞り込み条件を複数指定できるようになりました
ただ僕が試したところだと2つまでしかできなかったのでちょっと調べてみます(varnishlog)

他にもVCLの記述が結構変わってたりするので注意が必要です。
またSourceへのリンクが5/12現在404になっていますがファイル名が間違っているだけなので書き換えてください
(varnish-3.0-beta1.tar.gzがリンクされてるけどvarnish-3.0.0-beta1.tar.gz)
さらにそのままrpmbuildで失敗したのでspecファイルを以下のように修正する必要があります。


[root@LIP-APP-01 redhat]# diff varnish.spec.org varnish.spec
9c9
< Source0: %{name}-3.0-beta1.tar.gz
---
> Source0: %{name}-3.0.0-beta1.tar.gz
75c75
< %setup -q -n varnish-3.0-beta1
---
> %setup -q -n varnish-3.0.0-beta1